ドリームジャンボ宝くじ
高額当選必勝祈願で
岐阜県岐阜市の
金神社に参拝

昔から産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の神として多くの参拝客が訪れる神社として知られています。
ご祭神は金大神(こがねのおおかみ)が主祭神で、渟熨斗姫命・市隼雄命・五十瓊敷入彦命・日葉酢姫命の4柱が祀られています。
金華山のふもとにある伊奈波神社と対をなすとも言われる由緒正しい神社です。
御鎮座は古く西暦135年に金大神を尊崇されたと伝えられています。
現在の建物は昭和63年3月に金神社有史以来の大造営をして平成16年に完成したそうです。
金色の大鳥居は高さ幅ともに約8メートルで平成27年11月に建設以来初めて塗り替えられました。
「金色の鳥居は県内でもここだけ。この輝きをくぐり日々輝かしい生活を送ってもらいたい」という事です。
岐阜県岐阜市金町5-3
JR岐阜駅から歩いて10分位で金(こがね)神社に到着です。
入口には縦横8メートルの金色に輝く大鳥居がそびえています。
住宅街の中にある広々とした神社です。隣は広い金公園です。
入ってすぐの龍の蛇口の手洗い場で身を清めます。
二匹の狛犬が守るとても大きな本殿が正面に鎮座します。
平成16年に建て替え工事が終了して綺麗な神社になりました。
寒い平日ですが拝殿には大勢の参拝客が訪れていました。
見事なしめ縄があります。ご利益が有りそうですね。
6月に行う宝くじ高額当選祈願がこがね色に輝きそうです。
金神社由緒
金神社は古来より産業繁栄、財宝・金運招福、商売繁盛の御神徳あらたかな神として、 篤い信仰を集めており、御鎮座の年代は遠く昔、成務天皇の御代(西暦135年)に 物部臣賀夫城命が国府をこの地に定め篤く金大神を崇敬されたと伝えられる。
当神社の主祭神渟熨斗姫命は、景行天皇の第六皇女で伊奈波神社の主祭神五十瓊敷入彦命の 妃である。
伊奈波神社に伝わる縁起によれば、五十瓊敷入彦命は朝廷の詔を受け奥州を 平定したが、その成功を妬んだ陸奥守豊益は一足先、都に戻り謀反の心ありと報告したため 朝敵とされこの地に至り討滅された。
夫の死を聞いた渟熨斗姫命は深い悲しみの中、都を発ち御跡を慕ってこの地を訪れ、夫の御霊を慰めつつ生涯を終えられた。
その間命は 地域住民を母の如く労り、私財を使い町を開拓され産業・農業の発展に寄与され、後に 岐阜の街の基盤となった。
慈悲深い命の功績を慕い人々が集まり財をもたらす神として信仰されるようになり、この地に金大神と称され祀られた。
(金神社HP参照)
ジャンボ宝くじ
お申し込み
宝くじ・スクラッチ・ロト
お申し込み
トップページ
テレビに登場!
ラジオに生出演
雑誌にでました
初めての方へ
購入売場とは?
宝くじ購入風景
宝くじ購入風景
2007~2013の7年間分
宝当神社とは?
当選祈願風景
過去の当選番号
縦バラ縦連とは
開運神社で祈願
お問合わせ
特定商取引に関する法律
と個人情報保護について
ジャンボ宝くじ
購入祈願代行サービス
開運★当り隊©