2017年8月に福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院(なんぞういん)で2017年度ハロウィンジャンボ宝くじの高額当選祈願。ブロンズ像では世界一の釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)で有名です。

2017年度ハロウィンジャンボ宝くじ高額当選必勝祈願で、宝くじの高額当選にご利益が有ると云われる、福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院(なんぞういん)に参拝致しました!
ブロンズ製では世界一大きいとされる、巨大な釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)で有名です。
高さが11メートル横幅が41メートルもあり、重さ300トンという規模は圧巻の迫力です。
南蔵院の住職は何度も宝くじを当てていて、テレビなどでも紹介されている超有名人です。
1995年のジャンボ宝くじで1億3000万円の大当たり。
その数日後にはナンバーズ4で合計560万円の大当たり。
その後も大小あわせて30回以上の高額当選を繰り返しているという、恐ろしく強運の持ち主だそうです。
この幸せを多くの人におすそ分けしたいという事で、大黒天様を祀った大黒堂を建立したそうですよ。
南蔵院は高野山真言宗の別格本山でもあり、篠栗四国総本山とも呼ばれているようです。
真っ赤な炎をバックに、凄い形相の睨みを効かした巨大な不動明王像も鎮座しています。
敷地内には落雷して剥がれた木の幹に、直に雷神様を掘ったご神木なども見応えあります。
高さが11メートル横幅が41メートルもあり、重さ300トンという規模は圧巻の迫力です。
不思議な紋様の足の裏が見られます。これは仏足といって、それぞれ意味が深い物だそうです。
住職の強運が込められた釈迦涅槃像に、ジャンボ宝くじの大当たりをお願いしました。
福岡県糟屋郡篠栗町にある南蔵院(なんぞういん)でジャンボ宝くじ高額当選の参拝です。
ブロンズ製では世界一大きいとされる、巨大な釈迦涅槃像(しゃかねはんぞう)で有名です。
高さが11メートル横幅が41メートルもあり、重さ300トンという規模は圧巻の迫力です。
お釈迦様の左手には五色の布が垂れ下がっていて、正面のお参りする場所にその紐が両端から垂れ下がっています。
お釈迦様が悟りを開いたときに五色の光が現れたと云われる、この五色の布をにぎって参拝者がお参りします。
正面向かって右側には、巨大なお釈迦様の不思議な紋様の足の裏が見られます。
これは仏足(ぶっそく)といって、お釈迦様の足裏の模様を石に刻んだもので、こちらも礼拝の対象です。
それぞれの紋様にも意味があり、お釈迦様の尊い教えと慈悲の心が込められています。
境内には真っ赤な炎をバックに、凄い形相の睨みを効かした巨大な不動明王像も鎮座しています。
同じ敷地内には落雷して剥がれた木の幹に、直に雷神様を掘ったご神木なども見応えあります。 雷が落ちた木には雷神様が宿ると言われてるそうですよ。
南蔵院の住職は何度も宝くじを当てていて、テレビなどでも紹介されている超有名人です。
1995年のジャンボ宝くじで1億3000万円の大当たり。
その数日後にはナンバーズ4で合計560万円の大当たり。
その後も大小あわせて30回以上の高額当選を繰り返しているという、恐ろしく強運の持ち主だそうです。
この幸せを多くの人におすそ分けしたいという事で、大黒天様を祀った大黒堂を建立したそうです。
南蔵院は高野山真言宗の別格本山でもあり、篠栗四国総本山とも呼ばれているようです。
福岡なのに四国と呼ばれているのは、篠栗八十八ヶ所の1番札所だからでしょう。
篠栗には四国のように、八十八ヶ所の霊場があり、1番札所が南蔵院です。
巡礼の起点ということもあり霊場の中では最も広く立派です。
福岡県糟屋郡篠栗町大字篠栗1035番地
ジャンボ宝くじ
お申し込み
宝くじ・スクラッチ・ロト
お申し込み
トップページ
テレビに登場!
ラジオに生出演
雑誌にでました
初めての方へ
購入売場とは?
宝くじ購入風景
宝くじ購入風景
2007~2013の7年間分
宝当神社とは?
当選祈願風景
過去の当選番号
縦バラ縦連とは
開運神社で祈願
お問合わせ
特定商取引に関する法律
と個人情報保護について
ジャンボ宝くじ
購入祈願代行サービス
開運★当り隊©