本文へスキップ

日本全国の開運神社やパワースポットでジャンボ宝くじ高額当選祈願しました

開運★当り隊では、各ジャンボ宝くじの受付開始前に開運パワースポットで高額当選の参拝に行ってます。運を引き込むためには、やっぱり神頼みは重要ですよね。
地域的に東京が多いのですが、頑張って色々な開運や勝運のパワースポットを巡ってみたいと思います。

2016年1月鳥取県日野郡の金持神社でグリーンジャンボ宝くじ高額当選祈願

指画龍神之図
本殿の前で記念撮影
鳥居の前で記念撮影

由来
810年出雲の神官の次男が伊勢神宮参の為にこの地を通りかかったところ、お守りとして身に着けていた神前の根付の玉石が急に重くなりました。そしてこの地に宮造りするよう神夢があったので、宮造りしたと伝えられています。
昔の金持郷は黄金より勝ると言われた「玉鋼」の産地で、原料の真砂鉄が採れる谷を多く所有し、金具の文字で表されているように鉄の事を「かね」と読んでいた事から、金の採れる谷を多く持つ郷「金持」と呼ばれるようになったと伝えられています。
金持性のルーツ
日本で一番景気の良い名字の「金持」。その金持性のもとになった地名がこの地です。
歴史は古く鎌倉幕府御家人の金持広親は1205年から守護職としてこの国を治め、鉄器製造が盛んである地域に相応しく、国宝の太刀「童子切安綱」で知られる日本最古の刀匠で伯耆安綱を輩出しています。金持性は吾妻鏡などにも記載のある由緒ある名字です。
喜びの声
金持神社に奉納された絵馬や礼所の寄せ書き帳には、お礼参りに来られた方々の喜びの声が記されています。
「還暦に億万長者になりました。有難うございました」
「ロト6と競馬と宝くじがあたりました。ありがとうございました。感謝しています。はれて大金持です。これで、家族、周りの友達が幸せになりました」
「ジャンボ宝くじで3億円に当選しました」
「今回で3回目の参拝です。2回ナンバーズ4が当たりました。有難うございました。これからも当たりますようにお願いします」
※この他、礼所に立ち寄った人から「ギャンブルに強くなった」「参拝したおかげで商売がうまくいった」などの話が多数あるそうです。
鳥取県日野郡日野町金持1490


2015年10月東京都江東区の富岡八幡宮で年末ジャンボ宝くじ高額当選祈願

金の神輿
宝くじ高額当選のお願い
拝殿の前で記念撮影

富岡八幡宮は、東京都江東区富岡にある八幡神社で別名「深川八幡」とも呼ばれる江戸最大の八幡様です。富岡八幡宮には、ダイヤモンドやプラチナや純金を24kgも使用している日本一の黄金神輿があります。10万人が訪れるほど大変な活気がある富岡八幡宮の例祭は深川八幡祭りとも呼ばれており、神田明神の神田祭や赤坂日枝神社の山王祭と共に江戸三大祭の一つに数えられております。
全国を測量し、日本史上初めて国土の正確な姿を明らかにした事で有名な、伊能忠敬の銅像もあります。伊能忠敬は近所に住んでいて、測量旅行出発時には必ず富岡八幡宮を参拝していたことから、縁りの地に銅像が建てられました。
又、富岡八幡宮は江戸勧進相撲発祥の地として有名です。力士碑には初代横綱明石志賀之助より歴代の横綱全ての四股名が刻まれており、必勝・勝負運のアップに効果的な場所です。
ここ十数年湾岸エリアは有数の発展を遂げており、湾岸エリアの氏神神社として富岡八幡宮のエネルギーも高まっていることから、より一層の開運効果が期待出来る事でしょう。
東京都江東区富岡1-20-3


2015年8月日本橋小網神社でオータムジャンボ宝くじ高額当選祈願

宝くじ高額当選のお願い
銭洗い弁財天像
五円玉を銭洗い中

財運向上、強運厄除などのパワースポットとしてテレビでも紹介され、日本橋を舞台とした映画「麒麟の翼」にも登場した人気の神社です。
平成28年に御鎮座550年を迎える小網神社。社殿を含む建物全部が東京大空襲の戦災を免れたり、第二次世界大戦の際、この神社の御守を受け戦地に赴いた兵士が全員無事帰還したことなどから、強運厄除の神様として崇められるようになりました。
「銭洗いの井」で金銭を清め、財布などに入れておくと財運を授かることから「東京銭洗い弁天」とも呼ばれています。
今回は400枚の五円玉を銭洗いの井で清めて参りました。
この五円玉を、今回お申込のお客様全員に無料プレゼントさせて戴きます。
今回は宝当神社の神様と小網神社の神様のダブルご利益で高額当選を狙います。
東京都中央区日本橋小網町16-23


2015年6月原宿の東郷神社でサマージャンボ宝くじ高額当選祈願

本殿の正面全景
開運招福の大きな看板
本殿で高額当選のお願い

東郷神社は、日露戦争でロシアのバルチック艦隊を日本海で撃沈させ、完全勝利を成し遂げた東郷平八郎元帥を祀っている東京の原宿にある神社です。
東郷平八郎は明治時代、日本海軍の司令官として日本の勝利に多大な貢献をしました。
日露戦争では当時世界最強と言われていた、ロシア帝国海軍バルチック艦隊を大胆な手法で破ったそうです。
その手腕は日本だけではなく、イギリスやアメリカなど海外でも評価されるほどでした。
東郷神社は、東郷平八郎を祀るために昭和15年に創建されました。
第二次世界大戦後、GHQによって日本の軍事的な銅像などは撤去されましたが、東郷のものはアメリカ海軍がそのまま残したそうです。
箱根駅伝では毎年、早稲田大学が東郷神社の勝守をタスキに縫い付けて走っています。
その効果もあるのか早稲田大学は、87回の箱根駅伝の中80回の出場と13回の優勝を飾っているのです。
勝利の神と呼ばれていた東郷平八郎が祀られていることから、勝負事や賭け事などで勝てると言われ、開運勝運向上のご利益があると信仰を集めています。
東京都渋谷区神宮前1-5-3


2015年3月上野の摩利支天徳大寺でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

浄行菩薩にお参り
ドリームジャンボ宝くじ高額当選のお願い
本殿の前で記念撮影

仏教の守護神である開運大摩利支尊天を奉安することから摩利支天徳大寺とも称し、日本三大摩利支天の一つとして、江戸時代から聖徳太子の御作と伝わる摩利支天像をお祀りしているそうです。
摩利支天(まりしてん)とは、仏教を守護する天部の神で、参詣祈願の人々に「気力・体力・財力」を与え「厄を除き、福を招き、運を開く」と伝えられております。
昔は、武士階級の守護神として摩利支天への信仰が広まり、楠木正成や足利尊氏や毛利元就や徳川家康などの武将たちは、摩利支天の尊像や旗印と共に合戦に出陣したと云われました。
忠臣蔵で知られる大石内蔵助も髷の中に摩利支天の小像を入れて討ち入りに臨み、本懐成就を遂げたと伝えられております。
江戸時代中期以降には、民衆の間にも摩利支天信仰が盛んとなり、聖徳太子の御作と伝わる御尊像に開運吉祥の御利益を授かろうと、全国より参詣が押し寄せるに至ったそうです。
本堂正面の扁額「威光殿」は、威光の化身たる大摩利支尊天の拝殿の意として、吉田茂・元総理大臣の揮毫により寄贈されたものだそうです。
東京都台東区上野3-25


2015年1月柴又七福神巡りでグリーンジャンボ宝くじ高額当選祈願

宝生院の大黒天様像
寅さん記念館入り口
寅さん人形

柴又七福神とは恵比寿天、大黒天、毘沙門天、弁財天、布袋尊(宝袋尊)、寿老人、福禄寿をさすのが一般的といわれています。このように定まったのは江戸中期以降と考えられています。柴又七福神では布袋尊は宝袋尊と表わします。
今回は「男はつらいよ」で有名な葛飾柴又寅さん記念館にも行ってきました。
映画にも出てくる帝釈天さまで、気合十分高額当選をお願いしてきました。


2014年7月鎌倉銭洗い弁財天でオータムジャンボ宝くじ高額当選祈願

銭洗い水で五円玉を洗います
五円玉をジャブジャブ洗います
五円玉とお札

銭洗弁財天で親しまれるこの神社の正式名称は、銭洗弁財天宇賀福神社です。
言い伝えによれば、源頼朝が夢の中でお告げを受け、泉を探し当て神様を奉ったのが銭洗弁財天の始まりだそうです。
鎌倉五名水の1つ「銭洗水」で神仏を供養すると、国は平穏を取り戻し民の生活も豊かになったといいます。
いつの頃からか、霊水「銭洗水」でお金を洗うと何倍にも増えると信じられるようになりました。
今回のオータムジャンボでは銭洗弁財天で、五円玉を霊水「銭洗水」で洗ってまいりました。
この五円玉をお申込のお客様全員にプレゼントさせて戴きます。宝当神社の神様と銭洗弁財天の神様のダブルご利益で、オータムジャンボ宝くじの高額当選を狙います。
神奈川県鎌倉市佐助2-25-16


2014年6月世田谷の勝利八幡神社でサマージャンボ宝くじ高額当選祈願

御利益が有りそうな境内
本殿の正面全景
サマージャンボ宝くじ高額当選参拝

世田谷は源氏関連の神社が点在しており、源氏の氏神である八幡神社も多いのですが、鎌倉街道のルートの一つに位置する事と、多くの社寺がこの地の領主だった奥州(武蔵)吉良氏に関わる創建が多いからだそうです。
平安時代の万寿三年(1026年)、石清水八幡宮より御神霊を勧請し創建されたといいます。天明八年(1788年)に再建された旧本殿は、世田谷区最古の神社建築で、平成四年に世田谷区有形文化財に指定されました。
正式名称は「八幡神社」ですが、通称である「勝利八幡神社」の方が名が通ってます。
この通称の由来は、日露戦争に徴兵され出征した氏子が無事に帰ってきたことから、いつしかそう呼ばれるようになったと言われてます。
現在ではこの社号にあやかってか、必勝祈願・勝運向上に霊験があることが知られ、「勝ちたい!」参拝者が多い事で有名です。
東京都世田谷区桜上水3-21-6


2014年3月両国回向院でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

境内
浄財と書かれた立派な石
鼠小僧次郎吉の墓

回向院(えこういん)は、東京都墨田区両国二丁目にある浄土宗のお寺です。江戸三十三箇所観音霊場の第4番札所でもあります。
振袖火事(ふりそでかじ)と呼ばれる明暦の大火(1657年(明暦3年))の焼死者10万8千人を幕命(当時の将軍は徳川家綱)によって葬った万人塚が始まりです。あらゆる宗派だけでなく人、動物すべての生あるものを供養するという理念から、ペットの墓も多数あります。
1781年(天明元年)以降には、境内で勧進相撲が興行されました。これが今日の大相撲の起源となり、1909年(明治42年)旧両国国技館が建てられるに至りました。1936年(昭和11年)1月には大日本相撲協会が物故力士や年寄の霊を祀る「力塚」を建立されました。
巷でパワースポットとして有名な「ねずみ小僧」こと鼠小僧次郎吉の墓があります。長年捕まらなかった大泥棒ねずみ小僧にあずかり、その墓石を削ってお守りにすると、強運開運のご利益を授かれると言われております(墓石の前に削るための石があり実際に自由に削ることが出来ます)。
東京都墨田区両国2-8-10


2014年1月箱根神社と九頭龍神社でグリーンジャンボ宝くじ高額当選祈願

九頭龍神社に参拝
箱根山七福神の由来
芦ノ湖から見た鳥居

箱根神社は、古来、関東総鎮守箱根大権現と尊崇されてきた名社で、交通安全・心願成就・開運厄除に御神徳の高い運開きの神様として信仰されています。
人皇第五代孝昭天皇の御代(2400有余年前)聖占上人が箱根山の駒ケ岳より、同主峰の神山を神体山としてお祀りされて以来、関東における山岳信仰の一大霊場となりました。
明治6年明治天皇・昭憲皇太后両陛下の御参拝をはじめ、大正・昭和の現代に至るまで各皇族方の参拝は相次いで行われました。昭和55年、昭和天皇・皇后両陛下の御参拝につづいて翌56年、皇太子浩宮殿下も御参拝になりました。また、政財界人の参拝や年間2千万人を越える内外の観光客を迎えております。
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1


2013年8月明治神宮清正井でオータムジャンボ宝くじ高額当選祈願

清正井でパワーストーンを洗います
洗い終えたパワーストーン
プレゼント用パワーストーン

明治神宮は明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社で、初詣は例年日本一の参拝者数を集める神社としても知られます。そのほか、大相撲横綱土俵入りや、こどもの祭まで幅広い祭典と行事、厄祓い、祈願をとりおこなっております。明治天皇のおぼしめしにより昭憲皇太后のために植えられた、美しい花菖蒲など、多くの見どころがあります。
明治神宮の御苑の中に都会では珍しい湧水の井戸があります。東京都の調査では水温は四季を通じて15度前後と一定していて、毎分60リットルの水量があり、昔から「清正井(きよまさのいど)」といわれ加藤清正が自ら掘ったとされています。
本当に加藤清正が作ったのかは定かではないようですが、近年パワースポットとして取り上げられて有名になってしまいました。携帯の待ち受け画面にするとご利益があるとかないとか、色々なご意見も非常に多い場所ですね。
今回のオータムジャンボ宝くじでは高額当選の為に、明治神宮の清正井で清め浄化したパワーストーン (水晶・レッドアベンチュリン・グリーンアベンチュリン) アベンチュリンのギャンブル運の向上や 水晶の開運向上でトリプルパワーのご利益を頂いて 申込みの方全員に無料プレゼントしちゃいます。今回はちょっと大きめな石を用意しました。
東京都渋谷区代々木神園町1-1


2013年6月高尾山薬王院でサマージャンボ宝くじ高額当選祈願

厄除開運の大きな看板
願叶輪
高尾山頂

薬王院は今から約1200年前に開山された真言宗の寺院で、正式には「高尾山薬王院有喜寺」といいます。
御本尊は「飯縄大権現」。不動明王の化身で、五つの相を併せ持ったお姿が特徴です。
大本堂では毎日諸願成就のお護摩(ご祈祷)が行われております。
一年を通じて多くの方々が種々の悩みやお願い事を御本尊の前で僧侶とともに一心に祈念しています。
高尾山の天狗は御本尊様に従いお護りする随身として、開運や魔除けなど多くのご利益をもたらす役割をもっています。
古来より多くの伝説や信仰の対象として、時に親しみを、時に恐れをもって崇められています。
高尾山が修験道の道場であることから、勇猛精進し山中を自在に駆け回る修験者(山伏)の姿が空想上の存在であった天狗のように見えたのかもしれません。
東京都八王子市高尾町2177


2013年4月新宿皆中稲荷神社でドリームジャンボ宝くじ高額当選祈願

派手なノボリがたっています
鉄砲組百人隊の云われ
本殿の正面全景

皆中稲荷神社があるJR大久保・新大久保駅の周辺は、江戸時代、幕府が編成した鉄砲隊の居住区でした。
その部隊が鉄砲百人組と呼ばれていたのが、現在の地名、百人町の由来だそうです。宝くじに御利益があると言われる皆中稲荷神社は、その百人町の一角にあります。
幕府が甲州街道の防衛を考慮して、鉄砲百人組をここに駐屯させたのは良いが、実力はいまひとつだったのか、いくら訓練しても、なかなか思うように当らなかったそうです。
そんなある夜、眠りについたひとりの旗本の夢枕に稲荷大明神が立ち、霊符を示されたのだそうです。そして翌朝、射撃を試みたところ、なんと百発百中!この話が近郷近在に伝わり、世間で「みなあたり(皆中)の稲荷」と崇拝されるようになったそうです。
全国各地の夢ふくらむ皆さんにも『皆中稲荷神社』の噂はクチコミで広がっているらしく、「せめて御守りだけでも!」という電話も絶えないそうです。
東京都新宿区百人町1-11-16


名古屋の金神社(こがねじんじゃ)でジャンボ宝くじ開運高額当選祈願

金神社全景
銭洗い場所
凛々しい鳥居の前で記念撮影

山田天満宮の創建は、社殿によると1672(寛文12)年。
尾張藩の二代藩主だった徳川光友が、時の将軍であった徳川家綱の文教の政治奨励に賛同する形で、太宰府天満宮から菅原道真公をの神霊を招いた事から始まったそうです。
延享三年(西暦1746年)庶民の福徳円満・商売繁盛・金運招福・街道往来の御神徳と御加護を願って奉祀されました。
この神社は、名古屋城の鬼門である北東に厄災を除く守護神として、又、尾張藩の学問祈願所として菅原道真公を祀って創建されたもので、名古屋の守護神でもあり学問の神様として信仰を集めています。
合祀されている金神社(こがねじんじゃ)は、御神徳は金明神を信仰する人々が持っている財宝を金明神の御神水にて洗い清めると一切の不浄と禍事が取り除かれ、これによって神明の感応を得て、福徳福銭の御利益を頂くと云われています。
金神社の銭洗いは黄金(こがね)洗いとも云い、ざるの中に財宝または金銭やくじ等を入れて恵比寿様と大黒様に三度ずつ御神水を掛け洗い清めると、金運招福・商売繁盛・開運くじなどの福徳利益の御神徳を授かると云われています。
愛知県名古屋市北区山田町3-25


京都の御金神社(みかねじんじゃ)でジャンボ宝くじ高額当選祈願

多くのお供えものがあります
いちょうの木に龍が出現という写真
本殿の前で参拝記念撮影

御金神社(みかねじんじゃ)は民家にあって密かに祀られていましたが、1883年(明治16年)今の名を附して社殿を建立し、がんらい金神様の愛称で親しまれ、氏子と崇敬者で祀られるようになりました。
黄金色の鳥居は、以前は木製の鳥居が建てられていましたが、台風の影響で壊れて鉄製の鳥居が再建されました。そこへ金の神様をまつっていることから鳥居に金箔が施され、2006年(平成18年)に黄金に輝く鳥居が完成したそうです。
主祭神は、金の神・金の類司る神である金山毘古命(かなやまひこのみこと)で、金・銀・銅の鉱山や鉱物の神として人間の営みで用いられる全ての金属類を司る神で、伊邪那岐・伊邪那美の皇子だそうです。
昔は武具や農耕器具や鏡等、現代では鉱工業や農産業の大型機具等すべての金属類が含まれており、特に通貨としての金・銀・銅の御金を司ることから、株式運用・不動産運用・賭け事勝利・宝くじ当選・収入アップ等を願い広く崇められています。
京都市中京区西洞院押小路下ル押西洞院町618

shop info開運★当り隊

ジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスの開運★当り隊

〒157-0064
東京都世田谷区給田3-26-10 3F
TEL.03-3300-3371
FAX.03-5314-9791
お問い合せや電話注文やFAXでのご注文も常時承っております。
お気軽にご連絡下さい。
9:00〜19:00 基本的に年中無休!

http://www.takarakuji-ataritai.com/
QRコード
スマフォや携帯はコチラからどうぞ


12月7日JFN系FMの「face」という
ラジオ番組に生出演しました
YouTubeの動画でご覧下さい

12月2日フジテレビ朝8時からの番組
とくダネに開運★当り隊が登場
YouTubeの動画でご覧下さい

大安に西銀座チャンスセンターで
年末ジャンボ宝くじ購入代行風景
YouTubeの動画でご覧下さい

西銀座チャンスセンターで
年末ジャンボ宝くじ発売初日風景
YouTubeの動画でご覧下さい
開運★当り隊が東海テレビに出演しました 開運★当り隊がNHKテレビに出演しました 開運★当り隊がラジオ文化放送に生出演しました 開運★当り隊がラジオFM東京に生出演しました